開業費

勘定科目に関する記事一覧を見る

開業前の工事

 
開業費は、会社設立後から営業開始までの間に、開業準備にかかった費用のことをいいま
す。開業費の範囲は、会計上と税法上で違いますが、実務上では一般的に、税法にしたが
って経理処理されます
。また、開業費と似たものに創立費というものがありますが、こち
らは、会社設立までの費用を処理するときに使います。

開業費の会計上と税法上の範囲の違いですが、会計上では、会社設立後から営業開始まで
にかかった経常的な費用と特別に支出した費用とされています。一方、税法上では、会計
上の範囲よりも適用範囲が狭くなっています。税法上は、会社設立後に営業を開始するま
での間、開業準備のために特別に支出した費用に限定されています。経常的な費用は、開
業費ではなく、その支出年度の費用となります。

具体的には

会計上の経常的な開業費には次のようなものがあります。
・建物などの賃借料(敷金・保証金は資産計上して減価償却します)
・通信費
・事務用消耗品費
・給与
・保険料
・水道光熱費
・支払利息など

税法上の特別に支出した開業費の具体例には次のようなものがあります。
・広告宣伝費
・接待交際費
・旅費交通費
・市場調査費など

経理処理するときは

開業準備にかかった費用は、開業費として繰延資産に計上します。ただし、20万円未満
であれば、支出した年度の費用として処理できます。帳簿上では開業日の日付で仕訳をお
こないます。

開業費の償却は5年間で償却するか、もしくは任意償却するかのどちらかの方法によりま
す。とくに開業初年度はなかなか売上が上がらず費用がかさみます。そんなときに開業費
を費用とすると赤字となることがあります。そのため、開業費は一時的に資産として計上
しておき、利益が出るような年度で任意償却することをおすすめします。

 
<< 差入保証金 | 勘定科目の記事一覧 | 買掛金 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。