源泉所得税の納付は特例で

経理業務に関する記事一覧を見る

源泉所得税の納付は特例を利用した方が便利

 
毎月の給与から天引きする源泉所得税および復興特別所得税は、原則として徴収した日の
翌月10日が納期限となっています。毎月毎月、源泉徴収するたびに納付するのは面倒で
すよね。この面倒さを解消してくれるのが「源泉所得税および復興特別所得税の納期の特
」です。

納期の特例だと納付が半年に1回で済む

この納期の特例を利用すると納付のタイミングが次のようになります。
1月~6月の源泉徴収税 → 7月10日
7月~12月の源泉徴収税 → 1月20日

毎月納付していたら年12回納付することになりますが、この納期の特例を利用すること
によって、たった年2回の納付で済むことになります。納付回数が減る分、納付するまで
の間、預かる源泉徴収税の管理はきちんとする必要があります。なお、納付期限が日曜日、
祝日などの休日や土曜日に当たる場合には、その休日明けの日が納付期限となります。

この特例の対象となるのは、給与や退職金から源泉徴収した所得税および復興特別所得税
と、税理士、弁理士、司法書士などの一定の報酬から源泉徴収した所得税および復興特別
所得税に限られています。

 
<< 年末調整をする人、しない人 | 経理業務の記事一覧 | 源泉所得税の納期特例を使う >>

年末調整の詳しい記事
年末調整 労働者に毎月支給される給与からは、その支給額がある一定額を超えれば当然…

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。