その他流動資産

勘定科目に関する記事一覧を見る

その他流動資産に計上されるもの

 
その他の流動資産は、貸借対照表の流動資産に計上される科目のうち、当座資産や棚卸資
産でもないものをまとめて表示するときに使用されます。主に、金額が小さく重要性の乏
しい流動資産
がここに含まれます。

なお、現金、預金、受取手形、売掛金、有価証券、棚卸資産などは、一般的に金額が大き
く重要な科目になるので、その他流動資産に含めて表示することはありません。

ここでいう、重要かどうかというのは金額の大きさによって判断されます。科目残高が総
資産の1/100以下であれば、まとめて記載できることになっています。したがって、
その他流動資産にあまり大きい金額が残っていると、金融機関などから内容について説明
を求められることがよくあります。

その他流動資産になりやすい科目

その他流動資産の例は次のような科目があります。
・前渡金
・前払費用
・短期貸付金
・立替金
・未収入金
・仮払金など

 
<< 仮払金 | 勘定科目の記事一覧 | 有形固定資産 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。