旅費交通費

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の旅費交通費

 
旅費交通費は、業務中、役員や従業員が取引先などへ出向いたときにかかる交通費(電車、
バス、タクシーなど)や遠方への出張費用が出てきたときに使います。経理実務では、近
距離移動にかかる費用は交通費と言われ、遠方への出張にかかる費用を宿泊費や出張手当
と言われます。

具体的には

旅費交通費の具体例には次のようなものがあります。
・電車代
・バス代
・タクシー代
・飛行機代
・駐車料金
・有料道路の通行料
・出張時の宿泊料、日当
・駐在にともなう宿泊料、駐在手当
・赴任旅費、支度金など

税務上の取り扱い

業務上、必要な旅費交通費は、費用計上(損金)できます。しかし、日当や宿泊料、赴任
旅費、支度金などは、支給の実態によって、給与所得とみなされてしまい、課税されるこ
とがあります。このため、旅費を支給するときには、会社で旅費規程を予め作っておくと
安心です。

旅費を精算するときには、かかった費用をそのまま精算する実費精算と、旅費規程にもと
づく精算の方法があります。実費精算では、交通費の領収書などをとっておき、会社に戻
ってからそれをもとに精算します。電車やバスでは領収書がない場合がありますが、その
ときには、出金伝票に日付、区間、行き先、目的、金額を記載しておき、領収書の代わり
とします。

旅費規程での精算では、出張のときに会社が支給する交通費、宿泊費などの目安が具体的
に決められているはずなので、それにしたがって精算します。つまり、実際にかかった日
当や宿泊費が、規定額を下回ってもいいということになります。

ただし、日当や宿泊費は、税務上の問題になりやすいので、事前に細かく決めておくこと
をお勧めします。普通に考えたらありえない高額の日当などは、給与として課税される恐
れがあります。また、役職によって差をつけるときには、誰が見ても合理的に説明のつく
差であることが重要です。

なお、単身赴任者は帰郷するための旅費がかかるので、帰郷旅費の支給を会社が定めてい
ることがあります。しかし、業務上の旅費交通費であれば、会社の経費にできますが、個
人な里帰りの費用を会社が負担しても、会社の経費とならず、個人に対する給与というこ
とになってしまいます。つまり、帰郷旅費は給与として課税されます。

海外渡航費も費用になるが

役員や従業員が海外へ出張するために支給する旅費交通費のことを、海外渡航費といいま
す。海外渡航費でも業務で必要とされる部分の金額は、旅費交通費として損人できます。

しかし、費用として認められない部分は、原則、役員や従業員の給与とされます。そうな
ると、従業員では給与として損金になりますが、役員だと役員賞与扱いとなり、損金に算
入できないので注意してください。

 
<< 接待交際費 | 勘定科目の記事一覧 | 通信費 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。