定率法と定額法はどっちが有利

税金に関する記事一覧を見る

定率法と定額法はどっちが有利

 
減価償却資産(車、備品など)を購入したときの経理方法は、まず資産として計上するよ
うに記帳します。そして資産の耐用年数に応じて減価償却し、会社の経費になります。減
価償却には、「定額法」と「定率法」の2つがあります。簡単にそれぞれの特徴を説明す
ると、定額法は、減価償却費が毎年同額となり、定率法では、償却1年目の減価償却費が
もっとも多く、年とともに徐々に減少していきます。

どちらの償却方法を選ぶかは会社が選択でき、申告期限までに税務署に届出を提出する必
要があります。届出をしないと、自動的に定率法になります。

具体的に計算すると分かりやすくなると思いますので、180万円の新車(耐用年数6年)
を期首に購入したときの減価償却について、定額法と定率法の計算方法を比較すると次の
ようになります。

定額法では

定額法の償却費は次のように計算します。期の途中で購入したときは月割りします。

【計算式】
減価償却費 = 購入金額 ÷ 耐用年数

定額法による減価償却費
経過年数 償却額 計算式
1年目 300,000円 1,800,000÷6年
2年目 300,000円
3年目 300,000円
4年目 300,000円
5年目 300,000円
6年目 299,999円 300,000-1

定率法では

定率法の償却費は次のように計算します。期の途中で購入したときは月割りします。ただ
し、算出した償却額が、「償却保証額」より少なくなった年以降は、毎年同額で償却する
ことになります。

【計算式】
減価償却費 = 購入金額( 残存価額 ) × 償却率※
※耐用年数6年だと償却率は0.333となります。

定率法による減価償却費
経過年数 償却額 計算式
1年目 599,400円 1,800,000×0.333
2年目 399,800円 1,200,600×0.333
3年目 266,667円 800,800×0.333
4年目 177,867円 534,133×0.333
5年目 178,133円 356,266÷2年
6年目 178,132円 178,133-1

定額法と定率法の償却額を比較すると

上記で算出した減価償却費を比較すると次のようになります。

減価償却費の比較
経過年数 定額法 定率法
1年目 300,000円 599,400円
2年目 300,000円 399,800円
3年目 300,000円 266,667円
4年目 300,000円 177,867円
5年目 300,000円 178,133円
6年目 299,999円 178,132円

最初に説明したとおり、定額法では毎年同額となっています。それに対して、定率法では、
償却1年目がもっとも多く、徐々に少なくなっていき、3年目には定額法の方よりも少な
くなっています。

最終的に償却額は、定額法でも定率法でも変わらないのですが、定率法のほうが購入初年
度に多く減価償却費を計上できることになるので、事業年度によっては節税に使えること
があるかもしれません。

 
<< 事業で使う車両 | 税金に関する記事一覧 | 中古車を買おう >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。