具体的な仕訳

経理業務に関する記事一覧を見る

具体的な仕訳

具体的に仕訳を切るとは

「仕訳を切る」と言っても実際どういうことかわかりにくいと思います。ここでは取引例
から仕訳を切ってみます。例えば、5,000円で仕入れをおこない、8,000円で売
るという取引が発生したとき、次のような仕訳を切ります。

金額 借方 貸方 金額
5,000円 仕入高 現金 5,000円
8,000円 現金 売上高 8,000円

上記の仕訳からわかることは、会社が、現金5,000円を支払って5,000円の仕入
れをおこない、8,000円で売り上げて現金8,000円を受け取ったことがわかりま
す。このように会社の取引を一つずつ地道に仕訳していきます。期中で集計すれば試算表
が作成できますし、決算月で1年分を集計すれば、税務申告のもととなる貸借対照表と損
益計算書が作成できます。

 
<< 取引の仕訳を切る | 経理業務の記事一覧 | 青色申告には複式簿記が必要 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。