営業外収益と営業外費用

勘定科目に関する記事一覧を見る

営業収益と営業外費用のグラフ

 
損益計算書では、本業で稼いだ営業利益から営業外損益(営業外収益と営業外費用)を差
し引くと経常利益が算出されます。営業収益と営業外収益の区別について、企業会計原則
では、企業の営業活動から発生したかどうかによって分類することになっています。営業
活動から得た収益を営業収益、営業活動以外から得た収益を営業外収益と言います。

何をもって会社の営業活動かというと、会社を設立したときに定める「定款の目的」に含
まれているかどうかで判断します。定款の目的に記載があるものの収益は営業収益、そう
でないものが営業外収益です。

したがって、業種によって営業外損益かどうかの判断は違ってきます。たとえば、商工業
だと商品や製品の販売、サービス業だとサービスの提供、金融業だと利子収入、不動産賃
貸業だと不動産賃貸収入が主な収益源となり、それら以外の収益が営業外損益ということ
になります。

営業外収益の具体例

営業外収益の具体例には次のようなものあります。
・受取利息
・受取配当金
・有価証券利息
・有価証券売却益(売買目的)
・有価証券評価益
・不動産賃貸料
・仕入割引
・為替差益
・雑収入

営業外費用の具体例

営業外費用の具体例には次のようなものがあります。
・支払利息割引料
・社債利息
・売上割引
・有価証券売却損(売買目的)
・有価証券評価損
・為替差損
・繰延資産償却費
・雑損失

営業損益と営業外損益を区別する理由

収益には、本業で稼ぐ経常的なものから、臨時的・突発的に発生するものまであります。
本業以外の収益営業収益に含めてしまうと、会社の実態が正しく把握できない恐れがあり
ます。こういったわけで営業収益と営業外収益は分けられています。

営業費用と営業外費用の区分も営業損益と同じ考え方で、営業活動から発生した費用かど
うかによって区別されます。したがって、一般的な会社では、営業外費用になる支払利息
割引料でも、預金や貸付を主業とする金融機関ではそれが営業費用になります。

 
<< 雑費 | 勘定科目の記事一覧 | 特別利益と特別損失 >>

関連する記事

  •    ・損益計算書(P/L)の構成 損益計算書は、会社の一定期間(1年間)における経営…
  •    ・売上高 売上高は、主たる営業取引である商品や製品の販売、役務やサービスの提供か…
  •    ・特別利益と特別損失 損益計算書では、経常利益から臨時的・突発的な特別損益を差し…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。