領収書は必ず必要か

税金に関する記事一覧を見る

領収書は必ず必要か

 
領収書の様式や保管方法に関しては、税法で明確に定められていません。つまり、経理に
おいて必ず必要なものではないということです。しかし、お店のレジで「領収書をくださ
い。」と言っている場面を見かけますよね。それは会社の規定で経費の精算をするのに必
要だから領収書をもらっているのです。もちろん、経理でも取引の記録として使われる場
合がほとんどです。

税法では帳簿のもとになる原始証ひょう(請求書、領収書など)について一定期間(7年
間)保管の義務を課していますが、「領収書」を残すようにとは定めていません。したが
って、領収書の代わりになんらかの記録を残したり、領収書がもらえなかったりなくして
しまったりした場合には取引記録を自分で作成して残すということになります。

領収書を残すという明確な決まりが無いとしても、基本的には原始証ひょうとして領収書
や請求書を保管しておくのが一番です。

 
<< … | 税金に関する記事一覧 | 領収書をなくした、もらい忘れた >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。