未収入金

勘定科目に関する記事一覧を見る

未収入金の回収を待つ時間

 
未収入金と売掛金は、未収金を処理する科目として似ていますが、違いがあります。未収
入金は、会社の本業以外の営業取引から発生した未収金を管理するのに使います。たとえ
ば、車両を売却したときに生じる売却代金の未収金などはそうです。

取引の具体例

未収入金が発生するような取引としては次のようなものがあります。
・固定資産の売却(土地や建物、車両、備品など)
・有価証券の売却
・スクラップなどの売却

売掛金と似ているが

最初に書いたように、未収入金は、未収金を処理する(対価の受け取りが未収)ことから、
売掛金と似ています。売掛金は、会社の本業である商品や製品、サービスの販売から生じ
る債権に使用します。したがって、本業以外の取引で発生する未収金=未収入金、本業の
取引で発生する未収金=売掛金、というように覚えておき、処理するのが分かりやすいで
しょう。

未収収益との違い

売掛金と未収入金の違いは説明しましたが、他にも似ている勘定科目があります。それは、
未収収益です。未収収益は、本業の売上ではありませんが、不動産賃借契約や金銭消費貸
借契約などの一定の契約にしたがい、継続して役務やサービスの提供をおこなうとき、す
でに提供した役務に対して、いまだその対価の支払いを受けていないもののうち、支払期
日が未到来の対価を管理するための勘定科目です。

 
<< 立替金 | 勘定科目の記事一覧 | 仮払金 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・流動資産→1年以内に現金化 貸借対照表の資産のうち、流動資産は、短期間に現金化…
  •    ・未払金 未払金は、会社の本業にかかわる仕入から発生する買掛金以外の債務で、モノ…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。