毎年の経理業務

経理業務に関する記事一覧を見る

会社の業績を表すグラフ

 
毎年の経理業務の基本的な作業は、下記の項目となります。

(1)「決算書」の作成

1年間の総勘定元帳に記帳された数字などをもとに、決算書の作成をします。「決算書」
は「貸借対照表」「損益計算書」から成るもので、決算時に特有の決算整理仕訳をおこな
い、集計して作成します。決算書自体は会計ソフトを使って作成できます。

日次業務や月次業務などで出てくる数字をチェックしながらの根気のいる作業になります。
また、決算書の作成には期限があります。決算日の翌日から2か月以内に税務申告をおこ
なわなければいけないのですが、税務申告時に添付して提出する義務があるので、決算作
業を手際よく進めることが求められます。

(2)「法人税」「消費税」の申告書等作成

会社は毎年、決算書の数字をもとに税額を計算して、申告書を作成し「勘定科目内訳書」
とともに提出をおこない、法人税や消費税を納めなくてはなりません。提出は、原則とし
て決算日の翌日から2か月以内に提出することが義務付けられています。取引の規模・内
容にもよりますが、申告書作成や税額計算は慣れないと難しいところがあり、多くの会社
が税理士に依頼しているのが現状です。

(3)「年末調整」の手続きなど

12月には従業員の源泉所得税に関する「年末調整」があります。毎月納めている源泉所
得税は「扶養親族等の数」だけを反映して求めた「仮の所得税」です。年の終わりに生命
保険料の支払いなどの従業員個人の状況を反映させて、「正しい所得税」を計算し、仮の
所得税額と精算する作業が必要となります。これが「年末調整」です。年末調整をおこな
うためにはさまざまな書類が必要となりますので、事前に確認しておく必要があります。

 
<< 毎月の経理業務 | 経理業務の記事一覧 | 経理業務の年間スケジュール >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。