短期借入金

勘定科目に関する記事一覧を見る

短期借入金

 
借入金は、金銭消費貸借契約を結ぶことによって、会社の外部からお金を借りたときの債
務です。このような借入は、短期の支払いに充てる運転資金や設備投資をおこなうための
設備資金など、事業の必要に応じて資金調達されています。

こういった借入金のうち、短期借入金は、決算日の翌日から1年以内に支払期限が到来す
る借入金のこと
を言います。一方、長期借入金は、決算日の翌日から支払期限が1年超の
借入金のことを言います。長期借入金の経理上の扱いですが、長期借入金のうち、決算日
の翌日から1年以内に返済期限が到来する部分は短期借入金に振り替えます。ただ、実務
では、振替などおこなわずに長期借入金のままであることが多いです。

銀行や社長、取引先からも

借入をおこなうときは、銀行などの金融機関へ相談に行きます。ただし、融資を受けるに
は、銀行の審査を通過しなければいけません。慢性的な赤字が続いている、債務超過にな
っている、すでに借りている金額が大きすぎる、などの状況では、借入は難しいかもしれ
ません。

銀行からの借入が難しいとき、中小零細企業であれば、関連会社や社長、得意先、仕入先
などから借入をおこなうことがあります。特に、社長が一時的に立て替えるなんてことは
よくあるでしょう。こういった借入金は、借入先の範囲が広く、借りたお金の使い道や返
済期限もばらばらですが、というか、きっちり返済条件が決まっていないこともあります
が、長期借入金とするよりは、短期借入金として計上しておくのが一般的です。

 
<< 買掛金 | 勘定科目の記事一覧 | 未払金 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。