現金主義の経理

経理業務に関する記事一覧を見る

現金主義の経理

 
経理業務での簿記の記帳方式には2つの方法があります。実際の現金の出入りにもとづか
ない発生主義と実際の現金収支にもとづく現金主義です。

現金主義での記帳

現金主義とは、現金収支が実際にあったとき、収益や費用を認識して計上していきます。
つまり、収益は、取引が成立したときに関わらず、現金が入金されたときに売上として計
上することになります。費用についても同様で、取引成立時期に関わらず、現金を支払っ
たときに費用として計上します。

取引成立時期にもとづかないので、決算期の期間損益を正しく算出するのは難しいのです
が、現金の入金日や支払日を基準に経理はしますので、恣意的な操作が基本的に不可能な
ことから、高い客観性のある方法でもあると考えることができます。ただし、現金主義が
使える会社は、信用取引がなく、取引のほとんどが現金で決済されるような状況にある会
社くらいです。こういうことから会社経理において現金主義はほとんど使われません。

 
<< 発生主義の経理 | 経理業務の記事一覧 | 年末調整=サラリーマンの確定申告 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。