住民税

税金に関する記事一覧を見る

住民税

 
住民税は、その地域に住んでいる住民に対する行政サービスを行うために必要な経費を、
地方自治体(都道府県や市区町村)が住民から、税負担の能力に応じて(担税力)徴収す
る税金です。

所得税と同じように個人の1年間(1月1日から12月31日)の所得に対してかかる部
分(所得割)と住民全員に対して均等にかかる部分(均等割)があります。1月1日現在
東京都内に住んでいる人は、都民税と市区町村民税を納めます。一般的には、この都民税
と市区町村民税を合わせて住民税と言います。

また、平成26年度から平成35年度までの10年間は、地方自治体の防災対策に充てる
ため、均等割額が1,000円増税(都民税、市区町村民税にそれぞれ500円加算)さ
れます。

税額は、次のとおり計算されます。

住民税 = 所得割額 + 均等割額
・所得割額 = 前年の所得 × 10%(一律、都民税4%、市区町村民税6%)
・均等割額 = 都民税1,500円 + 市区町村民税3,500円

 
<< 個人事業税 | 税金に関する記事一覧 | 相続税 >>

関連する記事

  •    ・給料手当 給料手当は、役員、従業員に対する役員報酬や給料、賃金、賞与、退職金な…
  •    ・租税公課(公租公課) 租税公課とは、広い意味では全ての税金を含む概念ですが、こ…
  •    ・所得税 所得税は、個人の1年間(1月1日から12月31日)で得た所得に対して課…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。