荷造運賃

勘定科目に関する記事一覧を見る

荷造りで使うダンボール

 
荷造運賃は、販売する商品や製品の荷造梱包の費用と、それらの発送・出荷にかかる費用
を処理するときに使います。新たな包装をしないまま、引き渡されて販売される商品や製
品もあります。しかし、ほとんどが新たに包装されてトラックや列車などの輸送手段によっ
て、買主のもとへ送り届けられます。また、荷造包装費、運賃に分けることもあります。

具体的には

荷造包装費に類するもの
・パッキングケース
・ダンボール箱
・木箱
・ポリ袋
・封筒
・発砲スチロール
・ガムテープ
・ビニールテープ
・のり
・ひも
・包装紙
・荷札

運賃に類するもの
・トラックの運賃
・鉄道の運賃
・船舶の運賃
・航空機の運賃
・引越費用
・宅配便料金
・郵便小包料金

仕入高か、販売費及び一般管理費か

荷造運賃は、仕入高となるものと、販売費及び一般管理費になるものがあります。

違いは次のとおりです。
・商品や原材料の仕入にかかる引取運賃→商品や製品の仕入高に加える
・商品や製品の販売にかかった荷造梱包費→販売費及び一般管理費

 
<< 図書研修費 | 勘定科目の記事一覧 | 諸会費 >>

関連する記事

  •    ・損益計算書(P/L)の構成 損益計算書は、会社の一定期間(1年間)における経営…
  •    ・販売費及び一般管理費 「販売費」とは、商品や製品の販売業務にともなって発生する…
  •    ・通信費 通信費は、電話代や切手、葉書などにかかる費用を処理するときに使います。…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。