経費で利益を調整

税金に関する記事一覧を見る

経費で利益を調整

経費で利益を調整する

積極的に経費を使うといっても、やみくもに経費を使ってもうまく経費にはなりません。
ポイントは、あらゆる支出を会社の営業活動の費用とすることです。企業会計規則や法人
税法では、会社業務に関するものであれば、請求書や領収書にもとづいて会社の経費とし
てきちんと記帳・経理すれば経費になるようになっているのです。

たとえば、社員の生活費のような支出でも、会社業務との関わりがあれば経費として処理
することができます。他には次のようなものなどがあります。どれも事業活動に使われる
ものばかりです。

・社用車→お客さまのところへ車で行く
・パソコン→業務の効率化ためにパソコンを導入
・テレビ→遠隔地とのテレビ会議に使う

福利厚生費を活用する

会社の営業活動に関連した経費を増やす以外に、福利厚生費を利用する方法があります。
社員の福利厚生のために支出する福利厚生費は、わりと広範囲で認められています。

たとえば、次のようなものがあります。
・スポーツクラブの会費
・観劇チケット
・社員の昼食代など

ただし、会社が役員と社員のために、全員に対して一律に支出しなければいけません。

 
<< 節税の考え方 | 税金に関する記事一覧 | 社会通念と照らし合わせる >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。