固定資産税(償却資産)

税金に関する記事一覧を見る

償却資産の対象となる看板

 
固定資産税は、1月1日現在の固定資産(土地、家屋、償却資産)の所有者に対し、その
固定資産の価格をもとに算定される税額をその固定資産の所在する市町村が課税する税金
です。

固定資産のうち、償却資産とは、土地と家屋以外のもので、事業活動に使うことのできる
資産であり、法人税法の規定による所得計算上、減価償却費が、損金に算入されるものを
言います。たとえば、事業のために使う構築物、機械、器具、備品などが対象です。

この償却資産をその年の1月31日までに、資産が所在する区にある都税事務所に申告し
なければいけません。この作業を「償却資産の申告」と言います。こうして申告された償
却資産にもとづいて、固定資産税が課されます。

申告から課税の流れ

償却資産申告に関する作業の流れは、次のとおりです。

対象の償却資産が所在する都税事務所へ申告書の提出
     ↓
償却資産の価格が決定され、償却資産課税台帳への登録
     ↓
課税標準の算出
     ↓
課税台帳に登録した旨の公示
     ↓
所有者、納税管理人、固定資産税の課税に関する関係者に対して課税台帳の閲覧
     ↓
登録された価格に不服があるときは、審査の申出
     ↓
税額を算出、6月上旬に納税通知書の交付
     ↓
年4回の納税(東京都23区なら6月、9月、12月、翌年2月)

 
<< 法人都民税(法人住民税)の計算 | 税金に関する記事一覧 | 固定資産税(償却資産)の計算 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。