重加算税

税金に関する記事一覧を見る

悪質な脱税などにかかる重加算税

 
附帯税の一種である重加算税は、会社が悪質な脱税行為などをおこなった場合に課税され
ます。たとえば、所得隠しや二重帳簿の作成、売上除外、架空仕入や架空経費の計上など
の仮装隠ぺいを施した法人税などの確定申告書を提出するような行為です。

悪質な意図の無い過少申告や期限後申告、無申告であれば、過少申告加算税や無申告加算
税、不納付加算税が課される程度ですが、悪意があって意図的にしていると判断されると、
税率の重い重加算税が課税されてしまいます。

計算式と税率

悪質な仮装・隠蔽による過少申告だと、過少申告加算税の代わりに重加算税が適用されて
しまいます。単なる期限後申告であれば、無申告加算税が適用されるはずですが、悪質な
意図があると重加算税になってしまいます。源泉所得税が納付期限までに納付されていな
ければ、不納付加算税が課されますが、仮装・隠蔽があると判断されれば重加算税が課さ
れてしまいます。

重加算税以外の附帯税の税率は5%~20%ですが、重加算税は35%もしくは40%の
税率です。その他の附帯税率の倍の重さです。しかも、損金になりません。最終的に脱税
した金額くらいは徴収されることになるでしょう。しかも、脱税額によっては刑事罰に問
われます。一時的に脱税できてもどこかでボロが出てばれるものです。取り返しのつかな
い状況に陥る前に、悪質な手法はやめておきましょう。

重加算税の計算式と税率は次のとおりです。

重加算税=追加の税額×35%(または40%)

 
<< 不納付加算税 | 税金に関する記事一覧 | 利子税 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。