記帳代行・経理代行のライト・コミュニケーションズ株式会社

記帳代行・経理代行ならライト・コミュニケーションズ

毎月の記帳代行は150社以上!
東京での経理記帳は10年以上の豊富な実績。

経理業務とは?企業経営における必要性と具体的な仕事のサイクル

経理業務に関する記事一覧を見る

経理業務とは?

 

経理業務は、主に企業の活動を記録する仕事であり、経営の方向性や投資について判断す
る基礎となります。そのため、経理の仕事内容は経営とは切っても切れない関係にあり、
事業活動そのものである「お金」に関わる業務であるため、深く理解しておくことが大切
です。

今回は、経理業務の企業経営における必要性を具体的な仕事のサイクルと共にご紹介しま
す。一般的に混同されやすい財務や会計と異なる部分についても、詳細をみていきましょう。

 

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 

目次

 

1. 経理とは?業務の目的と会計・財務との違い

企業は売上を上げるため日々様々な活動を行いますが、その事業活動記録を経営者に伝え
る業務が経理です。経営者が安全な経営を行うためには、企業のお金の動きを正確に把握
する必要があるため、経理業務は、全ての企業にとって欠かせない仕事です。まずは、「
経理業務の必要性」と「経理・会計・財務の違い」を解説します。

1-1. 企業における経理業務の必要性

経理業務によって記録された企業のお金の動きは、経営判断に活用されます。さらに企業
の利益を確定して、支払う税金を決定する役割も持つため、経理業務は企業内でもとくに
重要な役割を担っています。

□貸借対照表 = 利害関係者である株主や銀行、従業員に向けて、財政状態を示す
□損益計算書 = 収益・費用・利益が記載され、経営成績を示す
□キャッシュ・フロー計算書 = 会社の現金の増減を示す

以上、3つの重要な決算書の作成も経理業務に含まれています。事業の成否を決める経理
業務を正確に行うことの必要性は非常に高いと言えます。

1-2. 業務範囲と目的が異なる経理と会計・財務

経理と似た業務として、会計と財務が挙げられますが、業務範囲と目的が全く異なります。
違いを理解したうえで、経理の理解と正確な業務の遂行に活用しましょう。

□会計
会計は経理の業務の一部であり、会計ソフト等を使ってお金の出入りを計算して会計帳簿
に記録する管理全般の業務です。設備や備品などの資産の管理も企業会計の役割となりま
す。さらに、会計処理には2種類あり、「管理会計」は売上や利益の管理、「財務会計」
は伝票の作成や帳簿の記帳を表します。

□財務
財務は経理とも会計とも別の役割を持っており、今後の資金運用や融資用の資金調達など
が主な業務内容です。つまり、経理が作成した決算書を利用して経営計画を立てる業務が
財務となります。

 

2. 経理業務は簿記の原則に基づいて行われる

実際の経理業務の基礎は、決算書を作成する「簿記」のスキルです。例えば、何か原料を
買ったときや商品を売ったときは、「お金」と「モノの出入り」が生じます。これを記録
し、結果を明確化する記帳法が簿記です。

経理業務、とくに簿記では、お金・モノの出入りをまとめて「取引」といいます。通常、
企業では日々の取引内容を、「仕訳」と呼ばれる「複式簿記」によって記録を残します。
複式簿記の仕訳では、1つの取引に対して原因と結果の両面を表すために、2つの項目に
分けて、勘定項目・金額を記載します。そして、取引のために行った行動を原因として、
受け取った対価を結果として仕分けていきます。

 

3. 経理業務は3つのサイクルで動く

会社経営において会計期間は一年単位が基本です。しかし、実質的な業務については一日
単位・一ヶ月単位のサイクルがあり、合わせて3つのサイクルで経理業務は動いています。
3つのサイクルは、企業規模によって多少違いはありますが、まずは各サイクルを理解し
てスケジュール管理を的確に行っていくことが重要です。

当項では、具体的な経理業務である毎日・毎月・毎年の3つのサイクルを解説します。

3-1. 毎日発生する取引の記録は一日単位

毎日発生する「日次業務」は、以下のような業務があります。

・仕入れ
・預金管理
・現金出納帳の管理
・伝票への記帳
・管理・領収書や請求書
・経費精算や現金の管理
・取引先の信用調査
・売上情報の集計

上記のように、金のやり取りを実際に行う業務と事務処理作業が中心です。売上の集計や
取引先の信用調査など事業活動そのものに関わる重要な役割も担い、長期的な業務の基と
なるのが日次業務です。

3-2. エラーチェックと給与の計算は一か月単位

月ごとに行う「月次業務」は、それぞれの業務に一定の締日を設け、まとめて集計と処理
を行う方式が一般的です。具体的には以下のようなものがあります。

・取引先の請求や支払い
・請求書の発行
・源泉税・住民税計算などの税金計算と支払い
・給与計算と支払い
・月次決算書の作成

月次決算書とは、会計期間を1ヶ月で区切って作成された月単位の決算書のことを言いま
す。その他には、月次試算表や残高試算表とも呼ばれています。月次決算書は、財務諸表
である貸借対照表と損益計算書の2つで構成されており、月次決算書を見れば企業の直近
の経営成績が一目でわかる重要な書類です。

年次でも決算書を作成しますが、1年に1度経営データを確認して状況を修正するよりも、
月ごとに経営改善することで方向転換・修正など迅速な対応が行えます。業績が良くても
悪くても、経営判断する材料を正しく提示する月次業務は企業の成長には欠かせません。
企業によっては、他部署で対応する業務もありますが、基本的には経理業務として専門の
担当者が正確に・迅速に業務を遂行することが求められます。

3-3. 会社の成績表は一年単位

年ごとに行う「年次業務」には以下のようなものがあります。

・年次決算書の作成
・年末調整・源泉所得税・法人税の申告
・償却資産申告
・翌年度の予算編成
・株主総会の準備や事務
・有価証券報告書の開示資料対応

経理業務のゴールである決算日に向けて、企業の一年の成績表となる決算書の作成が業務
です。企業の規模に関わらず、年に1度は必ず行う業務で、事業年度の売上・資産や負債
の変動を明らかにしていく作業が年次業務となります。

3月決算の会社の場合、年度末である3月下旬から決算の準備で一番の繁忙期です。年次
決算とは別に1月から2月の予算編成も経理の業務になるため、1年間の前半の月は重要
な業務が集中します。決算期にこだわりがなければ、事業の繁忙期を避けて決算期を設定
し、落ち着いて決算業務に取り組むことを検討してもいいかもしれません。

 

4. 複雑な経理業務は専門業者に代行してもらおう

経理業務は、常に3つのサイクルが同時に進行する上、業務内容も計算方法も複雑で人的
コスト・時間的コスト・金銭的コスト・教育コストのすべてが必要となります。企業規模
や従業員数によっては、これらのコストをかけられない場合もあるでしょう。

そこでぜひ活用したいのが、専門業者に経理業務を委託する方法です。税務申告までお願
いするつもりなら、税理士法人もしくは税理士事務所など、税理士資格があるかどうか、
事前に確認すべきです。多くのコストをかけて社内に経理部を持たなくても、社外のプロ
に依頼することで費用対効果が高い経理部を所有することができます。そのため、経営者
は本業の企業の経営に集中して取り組むことが可能となります。

さらに、経理に関わる法律は改正されることも多いため、専門業者に委託する場合は常に
最新の法律に対応できるメリットもあります。求人募集や専門知識の学習をしなくても、
リアルタイムでいつでも経営状況を確認できるため、多くのコストをかけることができな
い中小企業は特に活用がおすすめです。

 

まとめ

経理業務の企業経営における必要性を、具体的な仕事のサイクルと共にご紹介しました。
経理は会計や財務と違い、企業のお金の活動を記録して、経営者に情報提供することが、
主な目的です。経理業務を学ぶことは、企業の経営状態を正確に把握し、経営判断につな
がるデータを読み取る力が身に付きます。つまり、企業の経営における適切な軌道修正が
即座にできるようになるのです。

しかし、毎日・毎月・毎年とスケジュールが組まれており、専門知識が必要な経理業務は、
素人が一から学習するには膨大なコストがかかります。そのため、必ずしも社内に経理部
を設置できるわけではありません。

経営にとって、生産性のある業務以外に、多くのコストを取られることは、企業の成長が
遅くなってしまう原因の一つです。こういう状況に陥らないために、専門業者を使って、
空いた時間を売上アップに集中する時間に充てて、さらなる企業の成長・発展につなげて
いきましょう。

 
<< 記帳代行業は税理士がいないとダメ? | 経理業務の記事一覧 | 決算時期は3月以外でも問題なし >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。