株主資本等変動計算書

決算申告に関する記事一覧を見る

剰余金の処分を検討する

 
株主資本等変動計算書は、会社の儲けをどのように分配するかを示した計算書で、損益計
算書では出てこない純資産(資本金、剰余金、自己株式など)の1年の間の変動を表しま
す。会社法改正前は、貸借対照表にまとめられていましたが、純資産の部分のみを抜き出
して、その変動について詳細に記載したものです。

「純資産の変動」というのは、次のようなものを言います。
・配当金の支払い
・自己株式の取得・処分
・当期純利益の変動など

この計算書は、平成18年5月に施行された新会社法で、これまで作成が必要だった「利
益処分案」が廃止される代わりに、作成しなければならなくなりました。この書類はすべ
ての会社に作成義務があります。

また、株主総会や取締役会の決定によって、余剰金をいつでも配当できるようになりまし
た。出資者には配当を支払いますし、会社の役員には報酬を支払います。将来の投資に備
えるため、利益処分せずに、資金を留保することもあります。

 
<< 損益計算書(P/L) | 決算申告に関する記事一覧 | 個別注記表 >>

関連する記事

  •    ・純資産→儲けの積み重ね 純資産は、資産総額から負債総額を差し引いた金額のことで…
  •    ・資本金 資本金とは、株主からの出資金で、貸借対照表の純資産に計上されます。資本…
  •    ・自己資本比率 自己資本比率は、株主からの出資で返済の必要がない自己資本と、銀行…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。