日々の経理業務

経理業務に関する記事一覧を見る

記帳代行・経理代行業務のチェックシート

 
毎日の経理業務の基本的な作業は下記の項目になります。

(1)元資料の整備

会社で日々おこなった取引(お金やモノの出入り)を示す元資料を事前に準備しておく必
要があります。領収書、通帳、売上請求書、仕入請求書、経費請求書など。

(2)伝票の起票

会社で日々おこなった取引(お金やモノの出入り)について、伝票の作成をします。処理
の証拠として伝票を起票(伝票に金額や勘定科目などを記入して発行)する作業が発生し
ます。

(3)元帳への記帳(会計ソフトへの入力)

伝票を起票したら、その取引内容を「総勘定元帳」という帳簿へ記帳します。会計ソフト
を導入している会社の場合は、伝票から会計ソフトへの入力が発生します。

(4)現金出納業務

伝票の起票や帳簿への記帳に加えておこなう業務で、その日の取引のうち、特に手許の現
金の出入りを管理するためにおこなう業務です。現金の出入りは「現金出納帳」に記入し、
1日の終わりには、実際に金庫に残っている現金と、現金出納帳の残高が一致しているか
を確認する「現金実査」という作業があります。

(5)預金出納業務

取引先からの売掛金振込、給与振込、借入金返済、手許現金の補充や公共料金口座自動引
落等、預金の出入りを管理する業務です。ネットバンキングの普及により口座の入出金明
細が常に把握できますが、銀行口座ごとに預金出納帳への転記が必要となります。

 
<< 経理業務の大まかな流れ | 経理業務の記事一覧 | 毎月の経理業務 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。