前受収益

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の前受収益

 
前受収益は、不動産の賃借や金銭の消費貸借など一定の契約にしたがい、継続した役務提
供をおこなうとき、まだ提供していない役務に対して支払いを受けた対価のことを処理す
るときに使います。たとえば、不動産賃貸業者であれば、家賃は翌月分を当月に前もって
受け取りますが、こういった性質のものです。

前もって受け取る対価の中には、翌期以降の収益となるものが出てくるときがあります。
こういったときには、期間損益を正しく計算するため、その収益を当期の収益から除いて、
貸借対照表の流動負債に前受収益として計上します。

通常の営業取引で、商品や製品の販売代金や役務提供の対価の一部を、内金や手付金とし
て前もって受け取るときには、前受金を使います。

具体的には

前受収益の具体例は次のとおりです。全て前もって受け取ったものに限ります。
・家賃や地代
・利息
・手数料
・保険料など

経理実務では

経理実務では、継続的な役務提供に限らず、翌期以降の営業外収益となるものの前受け分
を前受収益として処理することが多いです。ただし、前受収益は、営業外収益に属する収
益に関して使われる経過的勘定で、重要性の無いときは、継続適用を条件に計上しなくて
も大丈夫です。

 
<< 預り金 | 勘定科目の記事一覧 | 仮受金 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。