会議費を使おう

税金に関する記事一覧を見る

会議費を使おう

 
通常の接待交際費から除外される「飲食費」があります。いわゆる「会議費」と言われる
ものです。これに該当する飲食費は、接待交際費から除かれて、全額損金になります。つ
まり、接待交際費に含まれている飲食代のうち、会議費に該当するものがあれば、その分
を接待交際費から除くことができるので、接待交際費が会議費分だけ使えるようになり、
節税効果が期待できます。

会議費にするためには

接待交際費ではない飲食費である「会議費」としての要件を満たすためには、次の項目を
記録しておかなければいけません。得意先や関係先と食事をしたあとは、内容を忘れない
うちに領収書の裏にメモなどをして、会議費の要件を満たせるように、事前に準備してお
きましょう。

・1人あたり5,000円以下の取引先等との飲食代
・飲食した年月日
・飲食した取引先名、担当者の氏名
・飲食に参加した人数
・飲食店の所在地

 
<< 取引先に対して接待交際費を使う | 税金に関する記事一覧 | 電子データで印紙税を節税 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。