更正処分に納得できない

税金に関する記事一覧を見る

更正処分に納得できない

 
普段からしっかり記帳・経理をおこなっていても税務調査で何らかの指摘をされることが
あります。その中には根拠のない指摘すらあることがあります。そして税務署から指摘さ
れたように修正申告をしないなら、強制的な更正処分になります。強制的ではありますが、
絶対に従わなければならないものではなく、その処分に納得いかなければ、不服を申し立
てていくことになります。

異議申し立て→審査請求→訴訟

更正処分が下されたとはいえ、絶対に従わなければならないものではありません。処分内
容に納得いかないのであれば、不服を申し立てることができます。これを「異議申し立て」
といいます。

異議申し立ては、更正処分の通知を受けた翌日から2か月以内に管轄の税務署長に対して
「異議申立書」を提出します。異議申し立てがされると、税務署は処分の内容を見直しま
す。そして、再度その結果を納税者に通知します。

さらに、この結果にも納得いかなければ、次は国税不服審判所に「審査請求」をします。
ここまできても納得いく結果が得られなければ、最終的に裁判所に訴えを起こすことにな
ります。

不服申立ての流れ

更正処分に納得いかないとき、その後の大まかな流れは次のようになります。
1、更正処分から2か月以内 → 税務署長へ異議申し立て
2、異議申立の結果通知から1か月以内 → 国税不服審判所へ審査請求
3、審査請求の結果通知から6か月以内 → 裁判所へ訴訟

裁判所まで訴訟しても、納税者が勝つということはあまりありません。主張すべきところ
は主張して、税務署の指摘を受け入れつつ、円滑に解決するよう動いた方が無難でしょう。

 
<< 更正処分 | 税金に関する記事一覧 | 修正申告 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。