車両運搬具

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の営業車両

 
車両運搬具は、乗用車やトラックなど、陸上で使う車両のことをいいます。車両を購入し
たときの付随費用(付属品、手数料など)は、その車両の取得原価に含めます
。また、水
上用運搬具は船舶、空中運搬具は航空機として処理します。

ややこしいものにブルドーザーやパワーシャベルなどの自走式作業機械があります。車両
運搬具と処理しそうですが、機械装置になりますので注意が必要です。また、機械装置以
外の事業で使うような器具や道具などは工具器具備品として処理します。

具体的には

車両運搬具の具体例には次のようなものがあります。
・普通乗用車
・軽自動車
・トラック
・バス
・オートバイ
・自動車
・台車
・フォークリフト
・トロッコ
・鉄道車両など

取得原価に含める、購入時に費用へ、どちらでもOK

経理実務では、社長用の自動車や営業用車両などを購入すると、車両運搬具として処理す
ることになります。自動車を購入すると、さまざまな諸費用(=付随費用)が発生します。
その諸費用は、車両の取得原価に含めるもの、購入時に費用にするもの、どちらの処理で
もいいもの、の3つに分けられます。

取得原価に含めるものは次のとおりです。
・付属品や特別仕様の装備品
・検査登録代行の手数料
・車庫証明代行の手数料
・納車費用

購入時に費用とするものは次のとおりです。
・自動車税 → 租税公課
・自動車重量税 → 租税公課
・自賠責保険料 → 支払保険料

どちらの処理でもよいものは次のとおりです。
・自動車取得税 → 取得原価もしくは租税公課
・検査登録費用 → 取得原価もしくは租税公課
・車庫証明費用 → 取得原価もしくは租税公課

 
<< 建物 | 勘定科目の記事一覧 | 工具器具備品 >>

関連する記事

  •    ・固定資産→長く事業に貢献 固定資産は販売目的ではなく、長期にわたり継続的に事業…
  •    ・有形固定資産 有形固定資産は、会社が長期(1年以上)にわたり利用または保有する…
  •    ・減価償却費 減価償却は、税法で定められた固定資産の耐用年数に応じて、事業年度ご…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。