領収書をなくした、もらい忘れた

税金に関する記事一覧を見る

領収書をなくした

 
領収書は経理において必ず必要なものというわけではありません。取引の記録なのでもち
ろん重要な証ひょうです。しかし、気をつけていても領収書を失くしたり、もらい忘れた
りすることがあるでしょう。そんなときはどうすればいいでしょうか。

もし、領収書を紛失したり、もらい忘れたりしたときは、その代わりとなる取引記録を自
分で作成して代用するのです。取引記録を作るときには、次の点に注意します。

・日付
・金額
・支払先(店の名前)
・内容

上記4点がしっかり記録してあれば、領収書がなかったとしても会社の経費として計上で
きます。また、領収書ではなくてレシートでも代用できます。なぜなら、レシートには領
収書よりも詳細に記録が残っていますし、レシートには上記4点がほとんど含まれている
からです。

領収書、レシートはきちんともらうこと

領収書の代わりに取引記録を作れば代用できるとしても、領収書やレシートはきちんとも
らうようにしてください。あくまでも現金の取引記録となる領収書やレシートにもとづい
て経理するのが原則です。そうでないと取引記録を作れば何でもありになってしまいます。

税務署から経理がずさんだとみなされて、あらぬ疑いをかけられるかもしれません。また、
取引のたびに領収書に代わる記録を作るのも面倒ですし、作った記録が全て正確かという
とうろ覚えで作ってしまったものも出てくるかもしれません。したがって、領収書のもら
い忘れや失くしてしまったときだけ、自分で記録して残すようにしましょう。

 
<< 領収書は必ず必要か | 税金に関する記事一覧 | 領収書がもらえない電車やバス >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。