記帳代行・経理代行のライト・コミュニケーションズ株式会社

記帳代行・経理代行ならライト・コミュニケーションズ

毎月の記帳代行は150社以上!
東京での経理記帳は10年以上の豊富な実績。

記帳代行業は税理士がいないとダメ?

経理業務に関する記事一覧を見る

記帳代行業は税理士がいないとダメ?

 

経理部を持たない中小企業や個人事業主の方にとって悩みの種である毎月の経理業務。煩
わしさから、記帳代行・経理代行サービスの利用を検討している社長さんや個人事業主も
多いのではないでしょうか。

記帳代行そのものは資格がなくともできる仕事で、現に税理士や行政書士ではない業者が
記帳代行業を行っているケースも多数あります。そのため業者によってはサービスが不十
分なケースが一部見受けられます。そこで今回は、記帳代行業の業務内容や代行可能な範
囲、良い記帳代行業者を選ぶポイントをご紹介します。

目次

記帳代行は経理業務を外注するイメージ

記帳とは、通帳や請求書、領収書の整理をおこない、仕訳を切ってお金の出入りや取引を
記録することです。一般的には経理業務のことを指します。

記帳代行は、領収書、請求書(売上、仕入、経費)、通帳コピーなどを預かり、その書類
をもとに、仕訳を切って毎月のお金の流れや取引を記録し、報告するサービスです。会社
の経理業務を外注するというイメージを持ってもらえれば分かりやすいかもしれません。
そのため、経理代行サービスとも言われています。

記帳代行を業者に任せておけば会社や個人事業主は本業に専念することができますし、経
営状況が把握しやすくなるなどのメリットがあります。記帳代行業者の中には、合わせて
財務コンサルティングも行ってくれるところもありますから、財務体質改善、節税対策な
どプラスアルファのメリットも見込めます。

なお、税制改正によって、平成26年から法人、個人を問わず、全ての業者に記帳を行う義
務が課せられるようになってしまいました。そのため、「忙しくて時間が無い」といった
理由で記帳をしないということは基本的には許されません。自分で行うか、それが難しい
場合には、記帳代行業を行っている業者や税理士に依頼する必要があります。

記帳代行は税理士でなくともできる

記帳代行業には特に資格がいらないため、例えば税理士や行政書士などの資格を持ってい
ない人もすることが可能です。ただし、毎年の決算報告に関しては、税理士法によって税
理士でなければ代行できないことになっています。

税理士がいないのに「決算申告までやります」と謳っている業者は、提携している税理士
が決算申告を行うようになっていることがほとんどです。提携している税理士がいないの
に、そういったことを謳っている業者は違法業務を行っている可能性があるので、よく確
認する必要があります。

税理士以外の記帳代行業者に依頼するメリットは価格の安さ

税理士以外の記帳代行業者を利用するメリットは、価格が安いことが挙げられます。記帳
業務に特化しているため、効率的に記帳できる体制が構築されています。そういったこと
から税理士よりも低価格でのサービス提供が可能となっています。

また、税理士は記帳以外にも資金繰りや節税、税務相談などの税理士本来の業務もありま
すから、記帳業務だけに時間を割くことはできません。したがって記帳代行業だけに専念
している業者と比べると納品のスピードが遅いかもしれません。

リアルタイムの数字を見ることは経営者にとって非常に大切なことですから、記帳や経営
状況をまとめた表作成をスピーディーに行ってくれる専門業者に頼んだ方が良いケースも
考えられます。

さらには、税理士事務所に記帳を依頼している場合には、年度末の決算申告までセットに
なっていることがあるため、途中解約をするのは難しいかもしれませんが、記帳代行業者
の場合はより柔軟に、希望に応じて契約内容の変更ができることがあります。このような
利用しやすさも記帳代行業者のメリットの一つです。いずれに頼むとしても、後々トラブ
ルとならないよう契約前に内容の確認はしっかりしましょう。

記帳代行業者を選ぶ際の3つの注意点

もっとも、記帳代行業者の中には既述のとおり、違法業務を行っているケースも見受けら
れますから、いくつかのポイントを押さえて慎重に選ばなければなりません。

1、提携している税理士がいるか

記帳と決算報告はもともとセットなので、記帳を行う代行業者と決算報告を行う税理士が
連携している所の方がメリットは大きいです。「決算申告も自社で行う」と謳っている記
帳代行業者に関しては、内部に税理士が在中しているのか否か、提携している税理士はい
るのかを事前に確認しましょう。

2、頻繁な連絡と守秘義務の徹底がなされているか

記帳代行は会社の財務状況というトップクラスの機密事項を扱う仕事ですから、信頼でき
る業者に依頼すべきなのは言うまでもありません。返信が早いかどうか、報告をまめにし
てくれる業者かどうかをよく見極めましょう。機密事項の管理について、セキュリティー
対策ができていることも重要なポイントです。

3.経営管理のしやすさはどうか

記帳代行業者を利用する際に無視できない利点は、やはり経営状況を的確かつスピーディ
ーに把握できることでしょう。記帳代行業者の中には、売上や経費の推移などを分かりや
すく表にまとめたりして提出してくれるところもあります。このような単なる記帳の結果
だけではない情報を提供してくれたり、経営改善に関する提案をしてくれたりする業者だ
とより利用する価値が高まります。

 
<< 記帳代行業者と税理士の違い | 経理業務の記事一覧 | そもそも経理とは >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。