決算書(決算報告書)

決算申告に関する記事一覧を見る

決算報告書の書式

 
決算報告書(決算書)とは、期首から期末までの1年間の売上や仕入、経費を集計して損
益を算出し、期末時点での財務状況を把握する計算書類を言います。よく「決算書は会社
の通信簿」などと言われています。

決算書は、ただ数字が並んでいるだけのように見えますが、内容が分かるようになると、
その会社が儲かっているのか、お金をどのように使っているのか、これから何をしようと
しているのかなど、様々な情報を読み取ることができます。

普段は、会社の数字を経理社員に任せていても構いません。しかし、会社の経営者(社長)
であれば、決算書の全ての数字の意味を細かく理解していなくても、重要な項目は把握し
ておくべきです。

決算書の構成

決算書は、次の書類によって構成されています。
・貸借対照表(B/S) → 資産の状況を表すもの
・損益計算書(P/L) → 儲かったかどうかを表すもの
・株主資本等変動計算書 → 儲かった利益の配分を表すもの
・個別注記表 → 重要な会計方針を表すもの

 
<< 決算の流れ | 決算申告に関する記事一覧 | 貸借対照表(B/S) >>

関連する記事

  •    ・経理はなぜ必要か 会社経営の最大のテーマは、「いかに効率よく儲け、利益を生み出…
  •    ・法人税の確定申告書 法人税の確定申告書とは、決算作業で作成した損益計算書の当期…
  •    ・法人税 法人だとかかる税金には、法人税、法人住民税(法人都民税)、法人事業税な…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。