年末調整業務のおおまかな流れ

経理業務に関する記事一覧を見る

年末調整の流れを書いた付箋

 
サラリーマンの多くは、毎年、会社で年末調整をおこなっていると思います。年末調整が
どういうものか簡単に言ってしまうと、会社員の確定申告、つまり、税額の確定と納税
いうことになります。

天引きされた所得税の総額と、確定した給与収入の総額に対する所得税額に差額が生じま
すので、その精算をおこなうのです。生命保険料控除などの所得控除が年末調整時に考慮
されますので、所得税の還付のある方が多いのではないでしょうか。

年末調整業務の流れ

年末調整業務のおおまかな流れとして、まず、扶養控除、配偶者特別控除、保険料控除な
どの所得控除の確認をおこないます。各種申告書を会社に提出してもらい、会社はそれら
にもとづいて所得控除額を確認します。

次に、1年間の給与と徴収税額の集計を行います。集計した給与から給与所得控除と所得
控除を差し引き、課税給与所得金額を算出します。そして、算出所得税額を計算します。
ここから住宅ローン控除がある方は、税額から直接差し引ける税額控除をおこないます。

最後に年調年税額の計算をおこない、年調年税額と徴収税額に過不足が出た分を精算しま
す。過納額あれば還付、不足額があれば徴収して納付します。

まとめ

【所得控除の確認】
・扶養控除等(異動)申告書の受理と内容確認
・配偶者特別控除申告書の受理と内容確認
・保険料控除申告書の受理と内容確認

   ↓

【年税額の計算】
1年間の給与と徴収税額の集計
   ↓
給与所得控除後の給与等の金額の計算
   ↓
課税給与所得金額の計算
   ↓
算出所得税額の計算

   ↓

【税額控除】
住宅借入金等特別控除申告書の受理と内容確認

   ↓

年調年税額の計算

   ↓

【税額の精算】
過不足額の精算
   ↓
過納額の還付もしくは不足額の徴収・納付

 
<< 年末調整=サラリーマンの確定申告 | 経理業務の記事一覧 | 法定調書の提出-税務署、市町村 >>

年末調整の詳しい記事
年末調整 労働者に毎月支給される給与からは、その支給額がある一定額を超えれば当然…

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。