更正処分

税金に関する記事一覧を見る

更正処分

 
普段から記帳・経理をしっかり行っていても、税務調査を受けた結果、申告内容に税額の
不足などの指摘があると、修正申告に応じるか更正処分を受けるかのどちらかになります。
税務署の指摘に従って修正申告に応じるということは、「申告内容に誤りがありましたの
で指摘の通りに直して、再度申告します。」と、誤りを認めることになります。つまり、
異議申し立ての権利を放棄することとなり、あとから「やっぱり納得いかない。」と思っ
ても、文句が言えないのです。

強制的な処分である「更正処分」

税務調査の指摘事項に納得いかないのであれば、修正申告をしないことも選択できます。
しかし、この場合は、税務署から強制的に追加納税させられる処分である、「更正処分」
がくだされます。

更正処分となると、税務調査が終わった後、数ヵ月後に税務署から「更正通知書」が送ら
れてきます。その書類には、追加の税額や更正の理由などが記載されています。この処分
に納得いかなければ、異議申し立て→審査請求→訴訟の順番で不服を申し立てていくこと
になります。

 
<< 税務調査の調査項目 | 税金に関する記事一覧 | 更正処分に納得できない >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。