仮払金

勘定科目に関する記事一覧を見る

出張時の仮払金

 
仮払金は、使用する目的や使用する金額が未定のまま概算額を出金したときに、使います。
実際に仮払金を使った後で精算をおこない、使用した内容が判明するまでの間、仮払金と
します。この科目は、一時的な科目なので、仮払金の内容が判明した時点で、すみやかに
精算して正しい科目に振り替えます。

基本的には決算までに精算したほうが良い科目ですが、未清算のままで残ることもあるで
しょう。そのときは、金額が大きくないと思いますので、その他流動資産に含めておきま
す。

使途不明金の温床になりやすい

支出する目的がはっきりしていても、使途不明金の温床となりやすい科目です。もともと、
目的や金額不明の出金など無いはずですが、事業をしていれば、よく分からない出金が発
生することもあります。そういったとき、経理では一時的に仮払金として処理するしかあ
りません。できるだけ仮払金が発生しないよう、社内手続きや制度を整備することが重要
です。

具体的な取引例

一時的にしか使わない仮払金ですが、経理をしているとちょくちょく出てきます。社内で
発生する場合、役員や従業員に対するものではないでしょうか。とくに多いのは、出張時
に概算額を従業員へ事前に渡すようなとき、仮払金が発生してしまいます。

仮払金の発生する取引例は次のようなものがあります。
・従業員への給与の仮払い
・従業員が出張する際の旅費の仮払い
・交通費の仮払い
・接待交際費の仮払い
・社長への仮払い
・その他不明分に対する仮払い

 
<< 未収入金 | 勘定科目の記事一覧 | その他流動資産 >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・流動資産 貸借対照表の資産のうち、流動資産は、短期間に現金化もしくは費用化でき…
  •    ・その他流動資産 その他の流動資産は、貸借対照表の流動資産に計上される科目のうち…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。