投資その他の資産

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の長期的な投資

 
投資その他の資産は、固定資産に分類されますが、その中でも有形固定資産と無形固定資
産以外のものをいいます。会社が1年超にわたって投資している資産で、事業に直接使わ
れていないもの
が、これに該当します。たとえば、投資有価証券、子会社株式、出資金、
長期貸付金、破産債権などです。

ここでの投資は、資本参加によって他の会社を支配したり、余裕資金の長期利殖などのこ
とを指します。個人でおこなう株式投資などとは意味合いが異なります。

投資その他の資産を分類すると次のようになります。
・他企業への資本参加目的の投資
・長期の利殖目的の投資
・その他の長期性資産

資本参加目的の投資

資本参加目的の投資は、他の会社への影響力を強めるためにおこないます。簡単に言うと、
特定の企業に資本を直接投下する投資です。会社の経営戦略上で必要となる特定の企業を
支配することや、特定の企業と特殊な関係をもつことによって競争上優位になることを目
的とします。

具体的には次のようなものが該当します。
・子会社の株式
・子会社への出資金
・子会社への長期貸付金
・関係会社の株式
・関連会社の株式など

長期の利殖目的の投資

長期の利殖目的での投資は、主に会社の余裕資金を長期的に運用するための投資です。

具体的には次のようなものが該当します。
・投資有価証券(満期保有目的)
・長期貸付金
・長期営業債権
・投資不動産

その他の長期性資産

その他の長期性資産は、必ずしも投資を目的とした資産ばかりではなく、他に含めて記載
する適当な区分がない長期性の資産を管理するためのものです。

具体的には次のようなものが該当します。
・差入保証金
・長期前払費用
・更正債権
・破産債権
・保険積立金

 
<< 営業権(のれん) | 勘定科目の記事一覧 | 長期前払費用 >>

関連する記事

  •    ・固定資産→長く事業に貢献 固定資産は販売目的ではなく、長期にわたり継続的に事業…
  •    ・有形固定資産 有形固定資産は、会社が長期(1年以上)にわたり利用または保有する…
  •    ・無形固定資産 固定資産に分類される無形固定資産は、法律上の権利など、物理的な実…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。