経理はなぜ必要か

経理業務に関する記事一覧を見る

記帳代行で使う電卓

 
会社経営の最大のテーマは、「いかに効率よく儲け、利益を生み出すことができるか」で
あり、そのために会社は、「資金調達→購買・仕入・製造→販売・売上→資金回収」とい
う営業活動を何度も何度も繰り返すのです。

その中で、経理の役割とは、営業活動における取引記録を正確におこない、資金調達から
回収までを管理、計算すること
です。経理を一言で表現すると、「経営を管理する業務」
ということになります。したがって、会社を存続および発展させていくために、経理部門
や担当は、会社の状況について数字で把握・分析するための資料(=戦略的な経営判断ツー
ル)を作成しなければなりません。それが期中では試算表であり、試算表を1年間集計し
たものが決算書になります。

そういった資料から業績や財政状態を把握して将来への対策を経営者が常に検討していな
ければ、会社は改善されず、業績も向上していきません。経理を正しくおこなうことによっ
て数字で会社の強みや弱みを掴むことができますし、想定できていなかった強みや弱みを
発見できるかもしれません。数字にもとづかず感覚で経営の舵取りをしていては狙った成
果に繋がらないのは当然のことでしょう。

 
<< そもそも経理とは | 経理業務の記事一覧 | 税理士は記帳代行しないことも >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。