資本金

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の資本金

 
資本金とは、株主からの出資金で、貸借対照表の純資産に計上されます。資本金が多いほ
ど、返済する必要の無いお金が多いので、会社の体力がある
とみなされます。会計上では、
会社設立時の資本金の払込金額のうち、会社法で定められた法定資本の額(出資者の払い
込み金額)の中で、会社の資本金とする金額を処理するために使います。

資本金にしない分は資本準備金に

会社法の規定では、会社は、株式を発行したとき、払い込み額の総額を資本金とするのが
原則です。しかし、株主から受けた出資額のうち、1/2を超えない額を資本金にしない
ということもできます。この場合、資本金としなかった額は、資本準備金として計上され
ます。

払込期日になったら資本金

資本金の払込期日の前日までに払い込まれた金額は、貸借対照表の純資産に計上する資本
金としての取り扱いが、そのときにはまだできません。払込期日になってから資本金とし
て処理できるようになります。では、払込期日までに払い込まれた金額についてはどう処
理するのかと言いますと、新株式申込証拠金や新株式払込金として一時的に処理しておき
ます。

資本金が増減する場合

資本金が増減する場合には次のようなときがあります。
・新株発行
・利益の資本組入れ
・転換社債の転換
・吸収合併
・実質的減資(減資による払い戻し)
・形式的減資(減資による欠損金の補填)など

最低資本金制度はなくなった

以前は、最低資本金制度があって、会社の設立には、株式会社で資本金1,000万円以
上、有限会社で資本金300万円以上が必要でした。しかし、平成18年5月から施行さ
れた会社法によって最低資本金制度は廃止されて、現在では資本金1円から会社の設立が
できるようになりました。

ただ、資本金1円で起業したところで、設立時の登記手数料などを差し引くと、設立後す
ぐに債務超過になってしまいます。設立まもなくて債務超過の会社など、どこの取引先も
相手にしてもらえません。融資なんて話になりません。したがって、対外的な信用力を得
るためにも、資本金300万円は準備しておきたいところです。

 
<< 長期借入金 | 勘定科目の記事一覧 | 売上高 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。