別表一から十八

決算申告に関する記事一覧を見る

法人税の確定申告書

 
会社は年に1回、必ず「決算」をおこないます。決算では、期首から期末までの1年間の
売上や仕入、経費を集計して損益を算出し、利益または損失を算出します。こうして損益
計算書の当期純利益が算出されます。ここから法人税を算出するため、損益計算書の当期
純利益に申告調整を加えて所得を算定します。

この申告調整をおこなう計算書類が、「別表一から十八」になります。申告調整では、益
金の算入・不算入と損金の算入・不算入の4種類がおこなわれます。法人税法では、損金
算入するには損金経理を条件としているものがあり、損益計算書に費用計上することを忘
れないよう注意します。

別表一から十八でおこなわれる主な申告調整は次のとおりです。

別表の種類 申告調整の内容
別表一 法人税額の計算
別表四 所得の計算
別表五(一) 法人税法上の純資産の計算
別表五(二) 法人税、法人都民税、法人事業税の納付状況
別表七(一) 赤字の繰越欠損金の損金算入
別表十五 交際費の損金算入
別表十六(一) 定額法による減価償却費の計算
別表十六(二) 定率法による減価償却費の計算
別表十六(六) 繰延資産(長期前払費用など)の償却費の計算
別表十六(七) 少額減価償却資産の損金算入(特例)
別表十六(八) 一括償却資産の損金算入

 
<< 法人事業概況説明書 | 決算申告に関する記事一覧 | 固定資産台帳と減価償却費明細 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。