節税するときは

税金に関する記事一覧を見る

節税を考える

 
節税は、税法に従って記帳・経理をおこない合法的に税金を少なくすることをいいます。
それに対して、脱税は、税法を無視した法律違反の行為をおこなって税金を免れることを
いいます。節税と脱税、どちらも税金を少なくするためにおこなうものですが、税法に従っ
ているかいないかで大きく違います。

税法で認められている方法で行う節税は、合法的に税金を少なくできます。会社にとって
は納める税金が少なくなると、資金繰りが楽になり、経営に役立ちます。税法を知ってい
るか知らないかで税額が変わってきます。

節税は、課税の繰延べ

ただし、節税は、現金支出が同時に発生してしまう、「課税の繰延べ」であることが多い
です。課税の繰延べとは、税金の支払を将来に先送りすることです。「生命保険を使った
節税」は、よく聞くと思います

生命保険を使った節税の簡単な例を挙げると、会社が負担する役員宛の生命保険料は損金
となります。数年後、解約すると解約返戻金が戻ってきます。そして、この返戻金に対し
て課税されることになります。

このように、「課税の繰延べ」を利用した節税対策は、結局、将来のある時点で税金が発
生してしまうのです。長期的に見ると、課税を繰り延べても繰り延べなくても、支払う税
金の合計額はそこまで大きく変わらないでしょう。

現金は出ていくので、資金繰りに注意

しかも、課税を繰り延べたとしても、そのときに現金が出ていくので、資金繰りに気を付
ける必要があります。会社に潤沢な現預金があって、利益が出ている場合に限り、節税対
策をおこなうことを検討すべきです。節税対策したはいいものを、資金繰りが苦しくなっ
てしまっては、何のために節税したのかわかりません。節税対策なんてしなけりゃよかっ
た、なんてことの無いように、十分検討してから実行しましょう。

 
<< 贈与税の相続時精算課税 | 税金に関する記事一覧 | 脱税は法律違反 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。