税務署と争うことになったら

税金に関する記事一覧を見る

税務署と争うことになったら

 
税務署には追徴税額や調査件数などのノルマがありますので、調査官によっては納税者の
無知に付け込み、強引に税金を取ろうとする人がいます。税務調査に入られたからといっ
て、税務署の言うとおりに従っていたら、納税者に対して不利な解釈をされ、曖昧な部分
で払わなくていい税金を払わされかねません。

税務署と見解が分かれたら

税務署争うことになったら次のような流れになります。

①指摘事項の変更や追徴税額の減額(税務署側の妥協案)
     ↓
②更正処分(処分の命令)
     ↓
③異議申し立て(税務署長に対して)
     ↓
④国税不服審判所
     ↓
⑤裁判(いわゆる税務訴訟)

税務訴訟まで争ったとしても納税者の勝率は10%前後程度といわれています。長期間に
およぶ裁判費用などを考えると、税務署のおかしな主張にもとづいた多額の追徴税がかけ
られていないと、訴訟まで争うのはあまり得策ではないでしょう。

 
<< 税務署は教えてくれない | 税金に関する記事一覧 | 国税当局の隠語集 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。