経理をするメリット

経理業務に関する記事一覧を見る

記帳代行で作成する帳簿

 

経理をするメリット1 経営状態を把握できる

毎月、しっかり経理をおこなって経営状況をまとめることで、経営の状態がわかります
現時点での収益状況がわかるので、納税の対策はもちろん、投資や経費を使うべき適切な
タイミングが掴みやすくなります。決算時に大きく黒字が出ることがわかって、慌てた経
験はありませんか。そうなってからでは遅いのです。

また、売掛金や買掛金などの管理が容易になります。毎月経理で確認することになるので、
得意先からの回収漏れなどのチェックがしやすくなり、資金繰り面もしっかり把握できる
ようになります。

経理をするメリット2 金融機関からの借入がしやすくなる

正確な財務諸表が用意されていることは、銀行や信用調査会社の評価も高くなります。た
とえば四半期毎にしっかりと経営状態の報告をメインバンクに提出できていると銀行側も
その場の経営状態だけでなく、あなたの会社の全体像を見てくれることになります。

特に小泉改革以降、銀行の融資の方法は「スコアリング方式」に変わっています。つまり、
経営状態を「正しい数字」で出せるかという点が企業評価のポイントになってきているの
です。今までのような「長いお付き合い」や「経営者の人柄」だけでは金融機関は融資の
意思決定をしなくなってきているのです。そのため、「いつでも」「すぐに」きちんとし
た会計情報を出せるようにすることがあなたの会社の明るい未来を創る源となるのです。

 
<< 税理士は記帳代行しないことも | 経理業務の記事一覧 | 経理をしないデメリット >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。