消耗品費

勘定科目に関する記事一覧を見る

事務所で使う消耗品

 
消耗品費は、原則として、耐用年数が1年未満のものか取得価額が10万円未満のものを
処理するときに使います。長期にわたって事業で使うような固定資産ではなく、1回限り
で使い切ってしまうようなものを処理します。事務用消耗品費もここに含むことがありま
す。もっとも机や椅子は5年、10年と長く使えますが、金額の小さいものは、経費とし
て処理します。

耐用年数が1年以上のもの、または取得価額が10万円以上のものは、有形固定資産に計
上されて減価償却が必要になります。

具体的には

消耗品費の具体例には次のようなものがあります。
・スリッパ
・ホワイトボード
・キャビネット
・蛍光灯
・電球
・工具
・机
・椅子
・PC
・トイレットペーパー
・コーヒーメーカー
・LANケーブル
・インテリア小物
・エアコン
・加湿器
・掃除機など

 
<< 事務用消耗品費 | 勘定科目の記事一覧 | 賃借料 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。