申告期限の延長

決算申告に関する記事一覧を見る

申告期限の延長

 
税額の確定と納税の期限は、税法によってそれぞれ決まっています。法人税、法人都民税、
法人事業税、消費税は、決算日から2か月以内に税務申告をおこない、納税しなければい
けません。

税金に関する期限には、申告期限と納期限の2つがあって、この期限内に申告・納税をお
こなうことが原則です。しかし、実際に経理をしていると、決算作業の予定月に事業の繁
忙期が重なったり、会計監査人の監査を受けなければならなかったりして、決算日から2
か月以内に決算が確定できないことがあります。

申告期限に間に合わないと予測できる場合には、事前に申告期限の延長を検討しましょう。
延長申請することによって、申告期限を1か月だけ延長することができます。

ただし、税金ごとに手続きの申請先が異なったり、そもそも延長の制度が無かったりしま
す。また、注意点としては、延長したとしても申告期限は延長されますが、納期限は延長
されない点があげられます。

 
<< 申告期限と納期限 | 決算申告に関する記事一覧 | 法人税の申告期限延長 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。