前払費用

勘定科目に関する記事一覧を見る

費用の前払い分

 
前払費用は、一定の契約にしたがって継続した役務提供を受けるとき、まだ受けていない
役務に対して支払われた対価のことをいいます。わかりやすいものだと、賃貸物件の家賃
でしょうか。家賃は、基本的に月末に翌月分の家賃を支払いますよね。この家賃は前払費
用になります。

費用の前払い金は前払い費用に

企業会計原則では、継続的な役務提供に限定されていますが、経理実務としては費用の前
払い金を前払費用としたほうがわかりやすい
でしょう。たとえば、先ほどの家賃、他には
利息や備品などでも、とにかく費用になるものの前払い分は、前払費用としてしまっても
問題になりません。ただし、決算日から1年を超えて費用となるものは、長期前払費用と
します。

普段は前払費用を使わない方が楽

厳密に経理をしようとすれば、前払費用は決算のときだけでなく、毎月の経理処理でも必
要です。ですが、毎月の処理で前払費用を使うのは、ちょっと面倒です。実際やってみる
とわかります。実質的に意味があるのかないのか、仕訳が増えるだけです。そこで日々の
経理処理では、前払費用を使用せずに支払った時点で費用するのです。

そうしておいて決算のときだけ、決算日以降の費用の支払いがおこなわれていたら、前払
費用に振り替えるのです。こうした方が普段の経理処理で余計な仕訳を切らずに済みます。

 
<< 前渡金 | 勘定科目の記事一覧 | 未収収益 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。