社員への決算賞与

税金に関する記事一覧を見る

社員への決算賞与

 
会社の業績が好調であれば決算賞与を支給し人件費として記帳・経理することで節税がで
きます。何も節税対策をせずに税金を払うよりは、社員のやる気につながる決算賞与を出
した方が、会社にとって良い使い方ですよね。もちろん納税も大事ですが…。

決算賞与ですが、支給するタイミングによって少し注意する必要があります。当たり前と
いえば当たり前ですが、決算日より前の支給になれば特に問題はありません。支給のタイ
ミングが決算日以降になるときには、以下の3点を満たす必要があります。

(1)その支給額を、各人別に、かつ、同時期に支給を受ける全ての使用人に対して通知
   をしていること。
(2)(1)の通知をした金額を通知した全ての使用人に対しその通知をした日の属する
   事業年度終了の日の翌日から1か月以内に支払っていること。
(3)その支給額につき(1)の通知をした日の属する事業年度において損金経理をして
   いること。

上記に加えて注意すべき点としては、期末に在職していれば支給日に退職していたとして
も決算賞与を支払わなければいけません。

 
<< … | 税金に関する記事一覧 | … >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。