有利子負債月商比率

経営指標に関する記事一覧を見る

有利子負債月商比の計算

 
有利子負債月商比率は、会社がある時点において、月商の何か月分の有利子負債(借入金、
社債など)を抱えているかを示す指標になります。銀行から資金調達を検討すると、月商
の3か月以内としておくと、財務面の印象が良くなります。

計算式と指標の意味

計算式は次のとおりで、一般的に月商の3か月以内が好ましいです。

有利子負債月商比率 = ( 短期借入金 + 長期借入金 + 社債 ) ÷ ( 売上高 ÷ 月数 )

資金繰り上、月商の3か月以内までなら、借入金の元金返済や利息支払いは、そこまで重
くなりにくいのですが、月商3か月超の水準になると、返済負担が重くなり、資金繰りに
苦労します。

銀行から融資審査を受けるときに、この比率は勘案されますが、3か月以内なら大丈夫と
いうものではありません。有利子負債月商比率は、融資審査において判断材料の一つでし
かありません。融資審査では、他の財務指標や事業内容の将来性、成長性、過去の実績、
資金繰り、社長の人柄など、総合的に判断されます。

有利子負債のバランス

会社の売上高や資産規模に対して、有利子負債が大きすぎると、借入金の元本返済、支払
利息は、業績に関係なく支払わなければならないので、資金繰り悪化につながります。一
方で、株主に支払う配当金は、会社の業績に応じてある程度弾力的な運用が可能です。し
たがって、有利子負債は、少ない方がいいとされています。

しかしながら、無借金経営が良いというわけでもありません。たとえば、成長の見込める
設備投資の機会を逃すかもしれません。そういう機会損失を避けるために、一定の借入金
は必要となります。

また、借入の必要がないくらい潤沢な手元資金があったとしても、一定の借入をしておく
というのも資金繰り戦略の一つです。普段から銀行と継続的に取引をおこなって良好な関
係を築いておくことができるからです。そのかわり、支払利息が発生してしまいますが。

あらかじめ返済実績を作っておくと、銀行は追加融資の決済が取りやすくなります。とこ
ろが、新規借入だと融資審査で一から調べることになるので時間がかかる上、慎重になり、
借入予定額が減額されるかもしれません。そもそも、融資審査が通らないかもしれません。

資本コスト圧縮

法人税は、借入利息の支払い後で、配当金の支払い前の段階で課税されます。株主資本の
資本コストが大きくなっていて、有利子負債が少ないのであれば、借入金を増額すること
によって、資本コストを抑制できます。

 
<< 有利子負債依存度 | 経営指標の記事一覧 | デットキャパシティレシオ >>

関連する記事

  •    ・貸借対照表(B/S) 貸借対照表は、一定時点における会社の資産、負債および資本…
  •    ・長期借入金 借入金には、長期借入金と短期借入金があります。その区分は、決算日の…
  •    ・売上高 売上高は、主たる営業取引である商品や製品の販売、役務やサービスの提供か…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。