未払金

勘定科目に関する記事一覧を見る

会社の未払金

 
未払金は、会社の本業にかかわる仕入から発生する買掛金以外の債務で、モノやサービス
を購入したときの代金未払い分
を処理するときに使います。特に単発で発生するようなも
のです。たとえば、固定資産や有価証券などの購入代金、広告料、手数料、その他の諸経
費となるものの取引代金の未払額を処理するときに使います。

なお、未払金は、1年以内に支払期限が到来するものと到来しないものに分けられます。
1年以内に期限が来ないものは、固定負債の長期未払金として計上します。

どんなときに未払金が発生するのか

営業取引以外の単発で発生する未払額となります。

具体的には次のものがあります。
・固定資産の購入代金の未払い額
・有価証券の購入代金の未払い額
・車両運搬具などの購入代金の未払い額
・水道光熱費、交通費、交際費、手数料など諸経費の未払い額
・未払いの役員報酬や給与
・事務用品、消耗品などの購入

未払費用との違い

未払金と未払費用は、経理の実務上、あまり区別されていません。未払費用について、企
業会計規則では、一定の契約にしたがって継続的な役務提供を受けるとき、すでに提供さ
れた役務に対する対価の未払額、とされています。継続的な契約にもとづく費用の未収額
は、未払費用ということになります。

税務上、未払金と未払費用は、特に区別されていないため、実務上で、いずれを使うかと
いうのは、会社の会計方針によります。

 
<< 短期借入金 | 勘定科目の記事一覧 | 未払費用 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。