中古車を買おう

税金に関する記事一覧を見る

中古車を買おう

 
新車を購入すると会社の固定資産として帳簿に記帳します。普通車であれば、耐用年数は
6年なので、購入金額を6年間に分割して経費を計上し、経理していきます。この経理処
理を減価償却といいます。簡単に言ってしまうと、300万円の車を買ったとしたら、6
年間にわたって毎年50万円ずつ、経費計上するということです。

減価償却費 = 購入金額 ÷ 耐用年数
50万円 = 300万円 ÷ 6年

中古車は1年間で経費にできる

ところが、中古車、それも4年落ち以上の中古車であれば、新車よりも耐用年数がぐっと
短くなって、1年間で経費に計上できてしまうのです。中古車の耐用年数は次のようになっ
ています。

経過年数 耐用年数
1年 5年
2年 4年
3年 3年
4年 2年
5年 2年
6年以上 2年

耐用年数2年となっていますが、定率法で減価償却する場合、耐用年数2年の償却率は、
100%となっていますので、1年間で全額経費計上できることになります。つまり、先
ほどの300万円の新車では、1年間に50万円の経費計上が限界でしたが、300万円
の中古車だと1年間に300万円の経費計上ができるのです。

ただし、購入時期には注意が必要です。というのは、減価償却費として計上できるのは、
使った月数分になるからです。つまり、月割りで経費を計算するのです。たとえば、期首
に300万円の中古車(4年落ち以上)を購入したのであれば、12か月間使用すること
になるので、300万円となります。

減価償却費 = 購入金額 × 償却率 × 使った月数 ÷ 12か月
300万円 = 300万円 × 100% × 12か月 ÷ 12か月

では、期末月(12ヶ月目)に購入したときはどうなるでしょうか。その事業年度で車を
使用した期間は1か月ということになります。つまり、300万円×1/12=25万円
ということになり、25万円だけしか経費に計上できません。

減価償却費 = 購入金額 × 償却率 × 使った月数 ÷ 12か月
25万円 = 300万円 × 100% × 1か月 ÷ 12か月

もちろん、残額は翌期に経費計上できるのですが、今期に経費計上したいのであれば、購
入時期に注意する必要があります。

中古車でも高級車を買えば

ベンツのような高級車の中古車(4年落ち以上)を購入すれば、より大きい金額を経費計
上できて節税対策に使えますし、資金繰りでも役立ちます。資金繰りで役立つというのは、
ローンを組んで購入した場合です。5年ローンであれば、購入代金は5年間に分割して支
払うことになりますが、経費は1年間で計上できてしまうのです。

たとえば、1,000万円の中古ベンツを5年ローンで購入したとするとこうなります。

支払 → 1年間に200万円を5年かけて支払う
経費 → 1年間で1,000万円を経費計上

節税対策で役立つアイテムですが、お金も当然出て行きます。節税対策をしすぎて現金が
なくなってしまった、なんてことのないようにくれぐれも注意してください。

 
<< 定率法と定額法はどっちが有利 | 税金に関する記事一覧 | 役員報酬の設定 >>

関連する記事

  •    ・車両運搬具 車両運搬具は、乗用車やトラックなど、陸上で使う車両のことをいいます…
  •    ・減価償却費 減価償却は、税法で定められた固定資産の耐用年数に応じて、事業年度ご…
  •    ・節税の考え方 会計の基本は、営業活動によって得た売上から、仕入原価、人件費など…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。