原則課税制度

税金に関する記事一覧を見る

原則課税制度

 
消費税額の計算方法は2通りあって、原則課税と簡易課税という方法があります。原則課
税では、課税売上にかかる消費税(預かった消費税)から課税仕入にかかる消費税(支払っ
た消費税)を差し引くことによって、消費税額を算出しますが、簡易課税では支払った消
費税を計算せずに消費税額を算出することができます。

消費税額の計算

消費税額は、国税部分と地方税部分があり、次のように計算されます。

消費税の納付税額=消費税額(国税)+地方消費税額
 
・消費税額 = 課税売上高の消費税額 - 課税仕入れの消費税額
・地方消費税額 = 消費税額 × 17/63

消費税率

現在の消費税率は、8%です。平成26年4月1日から従来の5%から現在の8%へ引き
上げられました。また、平成27年10月1日に10%へ引き上げられる予定でしたが、
経済状況を鑑みて、平成29年4月まで延期(予定)となりました。

消費税率 8%(国税部分 6.3%、地方税部分 1.7%)

 
<< 消費税の免税制度 | 税金に関する記事一覧 | 簡易課税制度 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。