所得税

税金に関する記事一覧を見る

所得税

 
所得税は、個人の1年間(1月1日から12月31日)で得た所得に対して課される税金
です。所得には、事業所得、不動産所得、給与所得など、さまざまな種類があります。所
得税法では、所得の種類によって、課税の仕方が決められています。

課税のされ方には、総合課税、分離課税、源泉分離課税の3つがあります。総合課税は、
それぞれの所得を合計した金額に税率を乗じて税金を計算します。税率は、所得金額が大
きいほど税率が高くなる累進税率となっています

分離課税は、特定の所得については他の所得と合計しないで、特定の所得ごとに税金を計
算します。源泉分離課税は、源泉徴収だけで課税が終わるもので、申告分離課税は確定申
告が必要なものをいいます。

所得の種類と課税方式

所得の種類と所得ごとの課税方式は次のとおりです。

所得種類 内容 課税方式
事業所得 商業や工業、漁業や農業などの自営業で得るもの 総合
分離
不動産所得 土地や建物、船舶や航空機などを貸付けて得るもの 総合
利子所得 公社債や預貯金の利子など 分離
総合
配当所得 法人の剰余金配当や投資信託の収益分配、上場株式に係る配当など 総合
分離
給与所得 役員報酬、給与、賞与など 総合
雑所得 国民年金、厚生年金、公務員の共済年金など 総合
分離
譲渡所得 土地や建物、株式などを譲渡して得るもの 総合
分離
一時所得 生命保険の一時金、賞金など 総合
分離
山林所得 山林を伐採して譲渡したことにより得るもの 分離
退職所得 退職金、確定給付型年金および確定拠出型年金における一時払いの
老齢給付金など
分離

税率と控除額

所得税の税率と控除額は、次のとおりです。

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超 330万円以下 10% 97,500円
330万円超 695万円以下 20% 427,500円
695万円超 900万円以下 23% 636,000円
900万円超 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超 4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

計算式

税額は、次のとおり計算されます。

所得税 =( 収入金額 - 収入から差し引かれる金額 - 所得から差し引かれる金額 )× 税率
・収入金額 → 売上や賃料収入、給料
・収入から差し引かれる金額 → 事業の経費や給与所得控除
・所得から差し引かれる金額 → 医療費控除や社会保険料控除など

 
<< 利子税 | 税金に関する記事一覧 | 個人事業税 >>

関連する記事

  •    ・租税公課(公租公課) 租税公課とは、広い意味では全ての税金を含む概念ですが、こ…
  •    ・税理士の独占業務 国税庁が管轄省庁となる国家資格の税理士には、税理士資格がある…
  •    ・住民税 住民税は、その地域に住んでいる住民に対する行政サービスを行うために必要…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。