流動負債→1年以内に支払い

勘定科目に関する記事一覧を見る

短期間で支払う負債

 
流動負債は、貸借対照表の負債のうち、営業取引によって発生する短期間(1年以内)で
支払いをしなければならない負債
をいいます。たとえば、買掛金や未払金、短期借入金な
どになります。支払期限が1年以内に到来しますので、流動負債が多いと資金繰りを圧迫
することになります。

流動負債として計上するときの基準は、流動資産と同じく1年基準(ワン・イヤー・ルー
ル)または正常営業循環基準が適用されます。短期借入金や未払金などは、1年基準によ
って流動負債とされます。また、支払手形や買掛金などは正常営業循環基準によって流動
負債とされます。

1年基準(ワン・イヤールール)

1年基準とは、流動負債(流動資産)と固定負債(固定資産)を区別するための基準です。
決算日の翌日から起算して1年以内に支払期限が到来するか、もしくは給付の期日が到来
するものが流動負債になります。

正常営業循環基準

正常営業循環基準とは、貸借対照表上での資産・負債が、流動資産・流動負債に区分され
るかを判断する基準の一つです。この営業循環に含まれる資産が流動資産となり、それ以
外の資産は固定資産となります。営業取引に含まれない資産については1年基準が適用さ
れます。

一般的に、資本と資産は次のように循環します。
資本(現金) → 棚卸資産 → 売上債権 → 収益(現金)

 
<< 繰延資産→先行投資分を資産に | 勘定科目の記事一覧 | 固定負債→時間をかけて支払う >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。