固定比率

経営指標に関する記事一覧を見る

固定資産の車両

 
固定比率は、会社の財務分析をするときの指標の一つで、安全性を見るために使います。
固定資産(建物、付属設備、車両など)と自己資本(返済の必要がない株主資本)の割合
を比較して、固定資産に投資したお金が、自己資本でどれだけまかなわれているかを分析
します。

長期にわたり事業で使用される固定資産を調達するときには、長期の資金調達か返済が不
要な自己資本でまかなうのが、会社の資金繰りの面から考えて安全です。たとえ、最新で
高性能な固定資産を整備したとしても、それがすぐに現金を稼いでくれるわけではないで
すよね。

計算式と指標の意味

計算式は次のとおりで、一般的には、固定比率100%以内が望ましいです。

固定比率 = 固定資産 ÷ 自己資本 × 100

固定資産の購入は、返済のある借入金でなく、返済のない自己資本でカバーした方が安全
で、自己資本を超える固定資産への投資は、あまり好ましくありません。先に述べたよう
に、固定比率100%以内が望ましく、低ければ低いほどいいです。

また、固定比率と似た経営指標に固定長期適合率があります。違いは、分母に固定負債を
含めて計算するかどうかという点です。日本では、固定負債を含めて計算する固定長期適
合率の方が重要とされています。

 
<< 現預金月商比率 | 経営指標の記事一覧 | 固定長期適合率 >>

関連する記事

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。