申告調整

決算申告に関する記事一覧を見る

法人税の確定申告書を作成するときの申告調整

 
法人税は、会社が1年間の営業活動で「稼いだ儲け」に課税されるものです。「稼いだ儲
け」というのは、決算作業で作成した損益計算書(P/L)の当期純利益のことを言いま
す。

しかしながら、決算書を作成するときには、会社の会計方針によって、減価償却資産の耐
用年数や引当金の計上など、経理処理の異なる箇所が出てきます。この経理処理の違いに
よって当期純利益が変わってきます。つまり、決算書の作り方次第で、法人税額が異なる
のです。

こういったことを防ぐために、法人税法では、どのように作成した決算書でも税額が同じ
になるよう、決算書の当期純利益に一定の調整をして、「儲け」を算定することになって
います。

この調整された儲けのことは、「所得」と言います。調整するときには、収益と費用に係
る調整があって、収益を調整したものを「益金」、費用を調整したものを「損金」と言い
ます。

 
<< 税理士の独占業務 | 決算申告に関する記事一覧 | 4種類の申告調整 >>

関連する記事

  •    ・法人税の確定申告書 法人税の確定申告書とは、決算作業で作成した損益計算書の当期…
  •    ・税務申告書の提出 法人税や消費税の税務申告書の提出期限は、原則、決算日の翌日か…
  •    ・法人税の計算 法人税は、当期純利益から申告調整をおこなって算出される所得に、法…

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。