節税の考え方

税金に関する記事一覧を見る

節税の考え方

 
会計の基本は、営業活動によって得た売上から、仕入原価、人件費などの諸経費を差し引
いて残ったものが、会社の最終的な利益になるということです。最終的な利益を計算する
ために日々、記帳・経理をおこないます。そして、最終的な利益を少なくすることが節税
に繋がります。多くの人がご存知のとおり、次の計算式が大企業の会計でも中小零細企業
の会計でも非常に重要です。

利益=売上-経費

上記の計算式から、会社が利益を調整するには、次の二つの方法になります。
①売上を増減させるか
②経費を増減させるか

しかし、売上は得意先との取引であることから、自社で勝手に調整することは無理です。
自社だけで勝手に帳簿上で、売上を増やせば粉飾になりますし、売上を除外すれば脱税と
なります。

売上の調整ができないとなると、経費を調整する方法しかありません。利益を大きくする
なら経費を減らす、利益を少なくしたいなら経費を多めに使うことになります。

たとえば資金調達の予定があるときには、銀行になるべく良い決算書を見せる必要がある
のでできるだけ経費を削減すれば、少しでも利益が多くなります。また、予想以上に儲か
ってしまったので、税金を少しでも減らしたいときには、経費を積極的に使うということ
になります。

 
<< 租税回避というグレーな手法 | 税金に関する記事一覧 | 経費で利益を調整 >>

関連する記事

  •    ・ …
  •    ・ …
  •    ・ …

記帳代行・経理代行のお問い合わせ

 
東京都中野区で記帳代行・経理代行ならライトコミュニケーションズにお任せください。